脱毛ブログ

2015年4月24日 金曜日

レーザーの苦手な部分は電気脱毛で

みなさん、こんにちは。
大阪市の難波で開業しております、河合皮フ科医院です。

前回は、当院で行っている脱毛のうち「レーザー脱毛」についてご説明しました。
今日は、もうひとつの脱毛方法、「電気脱毛」についてご紹介致します。

電気脱毛と聞いてもピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、針を使って脱毛を行います。
その歴史は古く、100年以上前から行われていたと言われています。日本でも1960年代後半からスタートした手法です。
毛穴に針を挿入し、その針に電気を通して毛の発生源を破壊するという仕組みです。

針を刺すとなると、「痛いのでは?」と思われる方がいらっしゃると思います。
実は、針を刺すときには痛みはありません。ただ、電気を通すときに多少の痛みが出ます。当院では、この痛みを少しでもやわらげるため、早くから「小林式絶縁針脱毛法」を採用しています。

とは言え、痛みがあるのならレーザーの方がいいのでは、と思われると思います。
しかし、電気脱毛の場合、レーザーでは施術が難しい部位、例えば眉毛や陰部などの脱毛に力を発揮してくれるのです。
また、日焼けした肌でも施術できるというメリットもあります。
よって、部位やお肌の状況でよって、使い分けることが可能です。

それでも痛みに対する恐怖がある方もご安心ください。
当院では、本格施術の前にテスト脱毛を行っています。そうすることで、患者さんの不安を最大限に解消するように務めていますので、まずはご相談に来ていただくことをオススメ致します。


投稿者 河合皮フ科医院

アクセス


大きな地図で見る大阪市中央区難波4-5-30
LAQZAビル 3F

お問い合わせ 詳しくはこちら
河合皮フ科医院携帯サイトはこちら