脱毛ブログ

2015年12月21日 月曜日

脱毛の方法「レーザー脱毛」

みなさん、こんにちは。
大阪市の難波で開業しております、河合皮フ科医院です。

前回お知らせしました通り、数回に渡って脱毛についてのご説明をさせていただきます。
まずは「レーザー脱毛」の基本知識をお伝えします。
広告などを見て、言葉は知っているという方が多いのではないでしょうか。

レーザーは、光のエネルギーを束ねて照射することができる装置で、さらに、黒色・茶色など特定の色だけに反応させることができます。
この特徴を利用して、お肌の表面は傷付けず、毛根や周辺にあるメラニンにだけダメージを与えるように作られたのがレーザー脱毛器です。
当院では、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」を用いております。

レーザーを照射するだけですので、施術時間が短く、例えば脇だけなら5分、脇下を全周行っても約15分以内で終わります。

ただし、レーザー脱毛にはどうしても痛みが伴うというデメリットもあります。
特に毛が濃いところは痛みを感じやすいという特徴があります。

もちろん、当院ではただ「我慢してください」と言うわけではなく、麻酔クリームとかテープを使った麻酔を使用することで、患者さんの負担をできるだけ減らすようにしています。

できるだけ痛みを抑えたレーザー治療をご希望の方は、ぜひ当院へご相談ください。

投稿者 河合皮フ科医院

アクセス


大きな地図で見る大阪市中央区難波4-5-30
LAQZAビル 3F

お問い合わせ 詳しくはこちら
河合皮フ科医院携帯サイトはこちら