脱毛ブログ

2015年12月22日 火曜日

脱毛の方法「電気脱毛」

みなさん、こんにちは。
大阪市の難波で開業しております、河合皮フ科医院です。

前回、「レーザー脱毛」についてご説明させていただきましたが、今回はもう一つの脱毛方法として「電気脱毛」をご紹介させていただきます。

電気脱毛はレーザー脱毛ほど広く知られていないかと思いますが、実は100年以上も前から存在する方法で、針を使うため「針脱毛」と呼ばれることもあります。
昔は、皮膚が傷つく、火傷になる、色素ができるといった欠点があったのですが、今ではそれらを改善した「小林式絶縁針脱毛法」と呼ばれる方法で実施されていますのでご安心ください。

さて、その方法ですが、なんと毛穴に細い針を入れて、そこに電気を通すことで、手が生えてくる元の部分を直接焼くことができます。
針を刺す瞬間は思っているほど痛くはないのですが、電気を通した瞬間に痛みを感じることが多く、当院では、通電時間を短くする、皮膚の表面を冷やすなどの工夫をして、痛みを感じにくくしています。
なお、直接電気で焼くと言っても、皮膚に火傷の痕が残るようなことはありません。

特に眉毛や陰部、乳輪、アザの上にある毛などにお勧めの方法ですので、興味のある方は、一度ご相談ください。

投稿者 河合皮フ科医院

アクセス


大きな地図で見る大阪市中央区難波4-5-30
LAQZAビル 3F

お問い合わせ 詳しくはこちら
河合皮フ科医院携帯サイトはこちら