脱毛ブログ

2016年5月25日 水曜日

今さら人にはきけない「針脱毛」と「レーザー脱毛」の違い

みなさん、こんにちは。
大阪市の難波で開業しております、河合皮フ科医院です。

みなさんは脱毛に興味がありますか?きっと多くの方は、毎日のお手入れを面倒に感じているのではないでしょうか。また、自分で剃ると毛穴が目立ってしまうため、毛根からなんとかしたいと思っている方も多いと思います。

当医院にも、そんなお悩みを持つ多くの方がご来院されていますが、実は脱毛施術は、大きく分けると「針脱毛」と「レーザー脱毛」の2つがあります。

針脱毛は正式には「小林式絶縁針脱毛」と言い、電気によって脱毛を行う方法の一つです。針を使うと毛穴の奥にのみ電気を流すことができるため、皮膚の表面に傷が残りにくいというメリットがあります。こちらは特に、狭い範囲の脱毛に用いる方法です。

そしてレーザー脱毛は、特殊な光を照射することで、毛を作る組織を破壊します。この光は決まった色にのみ強く反応するため、肌を傷つけることなく毛根のみにダメージを与えることができます。また、施術時間が短いという特徴もあります。そのため、特に広範囲を施術する際に使用します。

いかがでしょうか。脱毛は、何度か行うことで少しずつ効果が出てくるものです。早めに始めて、早い時期に効果を得られるようにしましょう。

投稿者 河合皮フ科医院

アクセス


大きな地図で見る大阪市中央区難波4-5-30
LAQZAビル 3F

お問い合わせ 詳しくはこちら
河合皮フ科医院携帯サイトはこちら