ホーム > 河合皮フ科の脱毛 > 当院の脱毛・脱毛の種類

当院の脱毛・脱毛の種類

脱毛をするにあたって

脱毛は医療機関で・・・

厚生労働省では、脱毛は医療行為として、医師の管理下において医療機関で実施すべきとの見解を示しています。
エステサロンでの脱毛でのトラブルも絶えません。
医療レーザーを適切に使用することで永久脱毛を実現することができ、万一のトラブルにもしっかりと対応できる皮膚科医がいることが大切なことです。

毛の周期

毛は、同じ物がずっと伸び続ける訳ではなく、一定期間で自然に抜けていきます。また、毛の成長過程のなかで、その成長を停止する期間があります。この後、新しい毛が生え替わるということを繰り返します。このサイクルを毛周期(ヘアサイクル)と言います。

その過程は、全て同時ではなく、伸びる速度や長さは部位によって異なります。

脱毛の方法

脱毛にはどんなやり方があるの?
脱毛には、自分自身で行うケース
あるいは美容クリニックやエステなどで行うケースに分けられます。

自分で脱毛する場合、剃ったり抜いたりするのに加え、ワックスで剥がす、脱毛クリームで除毛するなどの方法があります。ただ、どれも手間がかかる上、カミソリ負けしたり肌が荒れたりと、処理後にいろいろ問題が出てくる可能性があります。

専門のクリニックに行けば、すべておまかせでやってもらえるのも「楽」といえます。
また、ご自分で苦労するより、専門のクリニックにまかせておけば
アフターケアも楽です。
当院では、こんなお悩みに応えます!!
【当院では、こんなお悩みに応えます!!
全身脱毛したい。でもいくらぐらいかかるの?
指定の回数の治療でちゃんと終わるの?
エステや他の病院にも行ったけれど、あまりうまくいかなかった
自分で毛を剃ったら肌が荒れてしまった
夏場に向けて、肌を露出するオシャレを楽しみたい

脱毛の種類

どういう方法があるの?
いざ、脱毛をしようとしても、いったいどんな方法で行うのでしょうか?
当院で行っている永久脱毛には、2つの種類があります。
レーザー脱毛電気脱毛です。
それぞれの特徴について、ご説明しましょう。

レーザー脱毛

レーザー脱毛

「レーザー脱毛」は、皆さんも雑誌や広告などでよく目にする言葉だと思います。
その誕生は、アザやホクロを除去する医療用レーザーです。
レーザー光は、赤、青、黒、茶などの色に感応し、その部分にだけ反応します。
これを利用して、表皮に傷をつけずに、毛根とそのまわりのメラニンのみにダメージを与えます。
すると、皮膚の下部分にある黒い毛に熱が吸収され、毛球部の毛母細胞が破壊されるので、毛が生えてこなくなります。

【医療レーザー脱毛がオススメできるその理由
 Point 1  ワキ毛処理ならわずか5分で、ストレスなくスピーディに完了。
 Point 2    毎回のカミソリが不要。お肌トラブルの心配もなし。
 Point 3  毛穴を傷めずやさしいレーザー脱毛は、敏感肌の方も安心。
 Point 4  レーザーは肌の毛穴を引き締め整えるので、美肌効果にも役立ちます。

電気脱毛

電気脱毛

電気脱毛は、古くから行われており、100年以上の歴史があります。
日本での歴史は、皮膚科、形成外科からスタートしました。
1960年代後半のことです。

そのメカニズムは、毛穴に針を挿入して、電気を通して毛の発生する源を破壊するといったものです。

レーザー脱毛のメリット
  • 毛を生やしておかなくてもいい。
  • 脱毛に時間がかからないこと。
    ワキの場合は5分以内、ヒザ下は全周おこなっても、30分もかからない。
針を刺すって、痛くないの?
針を刺すというイメージから痛そうと思われそうですが、実は痛みを感じるのは、針を刺すときではなく、電気を通すときです。
当院では、現在、日本の医療機関で多くおこなわれている「小林式絶縁針脱毛法」を早くから取り入れております。
これは、従来の電気脱毛の欠点を克服した方法です。
通電時間も1/4~1/2秒と大変短いものです。
小林式絶縁針脱毛法のメリット
  • 毛の発生源を正確に電気熱で処理できるため、皮膚にヤケドの跡が残らない
  • 皮膚にあたる針の部分を「絶縁」にしているので、皮膚に熱が伝わらない。
    そのため、レーザーでは難しい部位や日焼けした肌でも脱毛できる
  • 眉毛、陰部に最適です。